有料アダルト詐欺サイトはたくさんあります

有料アダルトサイトというと、どのようなイメージをお持ちでしょうか。

 

全くアダルトサイトを利用した事の無い方は「怪しい」「危険」「悪徳詐欺集団」など悪いイメージの方が強いのではないでしょうか。

 

当サイトでご紹介している有料アダルトサイトは全て安全な動画サイトです。安心してご利用できます。

 

優良なアダルトサイトは通常の企業が運営していますので、アダルト動画を有料でもいいから利用したい方にとって、全く心配無く利用できるサイトばかりです。

 

もし、有料偽アダルトサイトに遭遇してしまった場合や、偽サイトから何らかのアクションがあった場合に、あなたが取るべき行動は2つです。

 

【ひとつは、無視すること】
電話やメールで脅迫してきたら無視することです。金銭請求には絶対に応じないことです。

 

【ふたつ目は、警察に連絡すること】
インチキ詐欺サイトから連絡があったら警察に連絡してください。
弁護士や行政書士や消費者センターではありません!
「警察」へ連絡です。110番です。

 

このサイトでご紹介している有料アダルトサイトを利用している限り、あなたが危険にさらされたり嫌な思いや損をすることはありません。

 

本当に危険なサイトとは「金銭詐取」を目的とした餌サイトの事です。釣りサイトの事です。

 

本当に危険な詐欺サイトは、あなたの人生だけでなく、家族、友人、親類などにも大きく影響を及ぼしかねない恐るべき危険なサイトです。詐欺師たちが詐欺を行う目的で作成したインチキサイトです。

 

絶対に関わらないようにしてください。

 

そして詐欺サイトから何らかアクションがあったら、無視するか警察に連絡してください。

 

もう一度いいます。警察です。弁護士や行政書士ではありません。警察へ連絡してください。

架空請求とフィッシング詐欺

時々、振り込め詐欺のニュースが流れていますが、お年寄りだけでなく、若い方も騙されるケースが後を絶ちません。

 

 

詐欺をはたらく者は警察関係者さえ騙すほど巧妙な手口で迫ってきます。

 

 

電話番号やメールなど連絡先を登録したり教えてしまったため、それをきっかけにして詐欺師は攻めてきます。

 

 

「エロ動画の視聴料50万円を払え!」とか、
「アダルトサイトを閲覧した事をだまっていて欲しければ300万円払え」など常識では考えられない事を言ってきます。

 

 

利用してもいないのに架空請求してきます。

 

 

偶然開いた詐欺サイトに掲載された画像や動画を見てしまい、クリックしてしまったためフィッシング詐欺にひっかかってしまうことが多々あります。

 

 

もし、アダルト偽サイト、詐欺サイトから連絡があったら無視してください。

 

 

一度でも詐欺師からアクションがあったら、警察に連絡してください。

 

 

戦ってギャフンと言わせてやろう、対抗してやろうと思ったとしても確実にあなたは負けます。

 

 

撃退などできません。警察に連絡してください。お金を絶対に振り込まないでください。

 

 

最初に連絡するのは警察です。弁護士でもありません。行政書士でもありません。消費者センターでもありません。警察に連絡してください。

 

 

詐欺師たちに騙されないためにも、アダルト動画を心行くまで楽しむためにも、当サイトでご紹介する有料アダルトサイトのご利用をオススメします。

閉鎖したサイトや著作権侵害サイトは危険なサイトではない

一般の会社は、企業寿命は30年から40年と言われています。栄枯盛衰を繰り返し、時流に沿った企業経営はいつの時代も難しい事です。

 

とくにインターネット企業はラットイヤーの世界と呼ばれて久しいですが、1年か2年継続すれば良い方だと言われています。

 

ネット企業は出ては消え、出ては消えを繰り返しをしています。

 

厳しい環境の中で10年以上もアダルト動画サイトを継続させ、視聴者に親しまれているサイトは数えるほどしかありません。

 

視聴者の年齢や性質、趣味趣向の変化に伴い、配信するコンテンツは変化を要求されます。

 

時流に乗ったサービスを提供したサイトが勝ち残ります。

 

以前、SM・陵辱・汚辱サイトの老舗「メス豚」という優良で有料無修正アダルトサイトが閉鎖しました。

 

かわいい女性の画像を10年以上掲載し、有名AV女優になった方を多く輩出したアダルトサイトの老舗「太平洋娘」が2017年に閉鎖しました。

 

閉鎖の理由はどうあれ、閉鎖するまでは動画配信サイトとして立派に業務をこなして、ユーザーに非常に丁寧な対応をしてくれていました。

 

閉鎖前には告知をし、やむなく閉鎖する旨の連絡がありました。

 

これ以外にもいくつかのサイトが閉鎖していますが、それらは全く安全で安心できるサイトでした。

 

何を言いたいかといいますと、閉鎖したサイトや閉鎖間近のサイトは危険なサイトではなく、企業寿命をまっとうして消えた・消えゆくサイトなのです。危険という性質のサイトではありません。ここが大事です。

 

他社の映像著作権を侵害して閉鎖に追い込まれるアダルト動画サイトもあります。

 

すでに新作更新が停止して、既存コンテンツのみで経営を余儀なくされているサイトもあります。

 

著作権侵害をする前は全く安全で安心できるサイトでした。そのようなサイトは危険というより、「哀れなサイト」であると感じています。

 

世間では(ネット上では)危険なサイトと言っていますが、4千円か5千円、または1万円以内の損失で済むことを、窃盗、詐欺、強盗、誘拐、殺人と同等レベルの言い方はしませんし視点がずれていると感じます。

 

閉鎖しそうなサイトは危険なサイトというよりも、入会しても楽しめないサイトと言うのが正しいのではないでしょうか。